ワードプレスで目次を作るプラグインTable of Contents Plus

ABOUTこの記事をかいた人

イクミヤ

1987年2月生まれ。大阪在住。
このブログは2017年5月から運営、主にワードプレスやSEOについて書いています。フォローして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

Table of Contents Plus

Table of Contents Plusというプラグインはご存知でしょうか?

このプラグインをインストールすると目次を簡単に表示することができます。目次はユーザビリティを上げるために必要で、どの部分に何が書いているかを的確に伝えれます。

目次のクリック率は高く必須でしょう。

インストール

プラグインから新規追加をクリックします。

右上にあるキーワード検索に「Table of Contents Plus」と入力して「Table of Contents Plus」を探し「インストール」をクリックします。

「有効化」をクリックします。これでインストールは完了です。設定をクリックするとTOC+となるプラグインが追加されているのがTable of Contents Plusです。

Table of Contents Plus設定

設定からTable of Contents Plusを開きます。

位置:デフォルトのままが最適です。

表示条件:h1~h6が何個以上使えば目次を表示するか決めれます。

以下のコンテンツタイプを自動挿入:目次は投稿ページに表示するので「post」を選択しましょう。

ここは基本的にデフォルトで問題ありません。ここでは目次に表示するタイトルを任意のタイトルに変更できます。

階層表示:目次の階層を付けることができます

番号振り:記事の見出し順に番号がふられます

スポンサーリンク

スムーズ・スクロール効果を有効化:これにチェックを入れると目次をクリックした時にスクロールします。チェックを外せば一気に飛びます。

残りはデフォルトで問題ありません。

最後に上級者メニューを開きます。上級者メニューにある「見出しレベル」はh1~h3以外はチェックを外しましょう。基本的にこの3つにチェックすれば問題ありません。

※h4、h5、h6も使う方はチェックを入れたままでいいでしょう。

Table of Contents Plus カスタマイズ

デフォルトはシンプルな表示でカスタマイズしないと少し見ずらいのでカスタマイズをおすすめします。

通常はこんな感じ

カスタマイズはこれ

カスタマイズするには上級者向け設定の「CSS ファイルを除外」にチェックをいれます。これでプラグイン自体のCSSは反映されなくなります。

貼り付ける場所は「外観」→「カスタマイズ」→「追加CSS」に貼り付けて下さい。

参考サイト

 

参考サイト

CSSの色はお好みの色に変更してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です