せどりとは?

ABOUTこの記事をかいた人

イクミヤ

1987年2月生まれ。このブログを2017年5月から始めました。たまに真面目な記事も書いています。栃木生まれ大阪育ちで関西弁が上手く喋れないのが悩み。 趣味:映画、晩酌、ブログ、寝る 家族構成:妻と二人
スポンサーリンク

今回のテーマはせどりについてです。

せどりってなに?

われていませどりの語源から説明していきます。 現在では「せどり」とひらがなですが昔は「競取り」「背取り」と漢字表記でした。  ・本の背表紙を見て仕入れる「背取り」 ・売買を仲介して利益を得る「競取り」 これがせどりの語源と言す。 語源はさて置き本題のせどりについて話していきます。 せどりとはここ数年で認知度が上がった個人から始められる物販ビジネスの事です。

有名なのがブックオフせどりです。 ブックオフでは100円コーナーが設けられていて、中には3000円などで売れる時があるほどお宝が在庫されています。

知識、資金がある方は別ですが初心者はこのブックオフせどりから始めるのおすすめします。

もし売れ残っても100円の損で済むので痛手にはなりません。 当サイトではAmazonで販売していく方法を紹介していきますので、Amazonを基準に相場を調べていきます。

スポンサーリンク

なぜアマゾンなのか?

アマゾンの月間アクセス数は35億回と莫大なアクセス数です。 それだけユーザーも多く商品が売れやすく、他には無いサービスがあるからです。

アマゾンの出品登録には大口出品、小口出品の2種類があり大口出品で登録した場合にはアマゾンに商品を送ればアマゾンが商品管理、出荷と全て管理してくれるフルティメットbyアマゾンというサービスがあります。

なんと言っても梱包に時間が取られる事が無く仕事中、寝ている時でも発送から全てやってくれるサービスです。

自分で発送、梱包を行うと配送事故などに見舞われる事があるがアマゾンに任せていればトラブルの対処もやってくれます。

アマゾンの商品ページではプライム表示され商品トップに載りやすくアッという間に売れるのも魅力です。

商品ページでは評価がいい出品者を商品トップに載せますので評価は販売する上で重要になります。

買う側だとしたら評価の低い出品者からは買いたくないですよね?それはアマゾンも同じで評価の低い出品者には売って欲しくないのです。 最初はフルティメットbyアマゾンの利用をお勧めします。 最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

イクミヤ

1987年2月生まれ。このブログを2017年5月から始めました。たまに真面目な記事も書いています。栃木生まれ大阪育ちで関西弁が上手く喋れないのが悩み。 趣味:映画、晩酌、ブログ、寝る 家族構成:妻と二人