為替レートとペイパル決済 

ABOUTこの記事をかいた人

イクミヤ

1987年2月生まれ。雑記ブログを2017年5月から始めました。たまに真面目な記事も書いています。栃木生まれ大阪育ちで関西弁が上手く喋れないのが悩み。 趣味:映画、晩酌、ブログ、寝る 家族構成:妻と二人
スポンサーリンク

為替レートとは?

イーベイではほとんどの取引がドルによる売買が主流になっています。稀にユーロ、ポンドといった取引がありますが、主にドルでの決済になります。

日常生活において円を使用しているので支払の際には円からドルに両替しなければなりません。

しかし、ペイパルで支払えば登録しているクレジットカード会社を通じて円で請求されますので実際、ペイパルを利用していれば両替の手間はかかりません。

問題はドルと円を交換する為替レートです。

一般的に為替レートと表現する時には日本円とドルの交換比率を指します。

通常は1ドル100円といった具合に1ドルが何円に相当するかを表記します。

ペイパル決済での為替はテレビで報道されてレートは適用していないのでご注意ください。

ペイパルの為替レート

イーベイの利用者は落札時に大半がペイパル決済を選択していると思います。

しかし、ペイパルを利用した際にどのような為替レートが適応されているかご存知ですか?

ペイパルによる支払には手数料は発生しませんが、為替の取引つまり円からドルといった場合に手数料を支払わないといけません。

ドルによる支払には仲値2.5%が加算されます。つまり1ドル100円の場合には102円となりクレジットカード会社に請求されます。

当日の仲値は1日2回公表しています。

ペイパルでは決済した当日のレートが適応されるので決済完了後に日本円でいくら請求がくるのかを正確に知ることができます。

スポンサーリンク

クレジットカード会社では1.6%~1.8%とペイパルが高く感じます。変更も可能ですがクレジットカードの為替適用日はクレジット会社に請求が来た日の為替となります。

購入日が円高でもクレジットカード会社に請求が届いてなければ、その円高は反映されません。

ペイパルは当日為替が適用されるので、初心者はペイパルをおすすめする。

ペイパルでは外貨をキープすることができる

円高の時は輸出は不利ですが、出品して売り上げたお金はペイパルにキープすることが出来ます。

つまり、売上金が入金された時が円高だった場合は無理に送金する必要はありません。

資金に余裕があれば、そのままペイパルに保管しておき円安のときを見計らって送金すれば金額が大きいほど利益が増えます。

ペイパルは銀行の業務を日本で行ってはいません。

ペイパル口座にキープしている外貨を日本で現金にしたり引き出したり、手元にある外貨の現金や外貨預金を口座に送金といったことはできません。

ペイパルは次回の輸入代金に充てるか、日本の口座に送金するかの二つになります。

ペイパルの可能な資金移動

・ペイパルで受け取った外貨をペイパル口座にキープ

・キープしている外貨を充当

・キープしている外貨を日本の口座に送金

×

・日本の口座からペイパル口座に入金

・手元にある外貨の現金をペイパル口座に入金

スポンサーリンク

・ペイパル口座にある外貨を現金引き出し

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

イクミヤ

1987年2月生まれ。雑記ブログを2017年5月から始めました。たまに真面目な記事も書いています。栃木生まれ大阪育ちで関西弁が上手く喋れないのが悩み。 趣味:映画、晩酌、ブログ、寝る 家族構成:妻と二人