職務経歴書の書き方|手書きとパソコンのどちらを選ぶべき?

スポンサーリンク

転職活動を始めた人の悩みで多いのが職務経歴書で、手書きにするかパソコンにするかで悩んでいる方が多いです。パソコンだと”意欲がない”と感じられるのでは?手書きだと”パソコンスキルがない”と思われるのでは?と不安になっている方は本サイトをご参考にして下さい。

どちらを選ぶべきか?

職務経歴書に決まりがないのは大前提ですが、結論的に言えば職務経歴書はパソコン作成を推薦します。近年では手書きを嫌がる企業も増えています。パソコンが当たり前の時代ですので、”パソコンが使えない人”というイメージを与えます。しかしながら、パソコン作成にもデメリットがあるので1つずつ解説していきます。

パソコン作成のデメリット

パソコン作成において1番のデメリットとして挙げられるのが、使いまわしが企業側に伝わるという点です。何十通、何百通、と応募者の書類に目を通す担当者から見れば使いまわしだというのは一目でわかります。また、人物重視の企業では手書きを好む傾向がありスルーされる可能性が高いので複数社に応募する時には企業ごとに作成しましょう。

パソコン作成のメリット

パソコン作成のメリットして挙げられるのは効率的であるということです。

なぜ、効率的なのか見ていきましょう。

誤字脱字が修正できる

履歴書とは違い職務経歴書は文字数も多くなりがちで、誤字誤字があれば最初からやり直しになります。パソコン作成だと誤字脱字はすぐに修正できます。

採用担当者に読みやすい

職務経歴書はA4用紙2枚~3枚が最適とされています。手書きだと行間も見ずらい印象を与える可能性が高く、パソコンのようにレイアウトや行間の調整が難しくなりがちです。

スポンサーリンク

採用担当者に伝えやすい職務経歴書を作成できます。

保存ができる

当たり前ですがパソコンで作成するとデータを保存できます。

企業ごとに文面を変えれば、すぐに作成ができて非常に効率的です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です