円満退職するための準備ー誰でも実践できる方法

スポンサーリンク

円満退職しなければいけない理由

退職すれば会社とは関係ないと引継ぎをしなかったり、ケンカ別れのように退職する人が少なからずいますが「退職する時は円満退職」でなければいけません。

なぜなら、転職先の人事担当者が前の会社に問い合わせした際に悪く言われ、転職先で居ずらくなるからです。退職する際には会社の規定に沿って十分に時間をとって上司に報告しなければいけません。

あなたの退社は得意先、同僚に迷惑をかけてしまうので円滑に退職するために準備しましょう。

転職活動は在籍中or退社

転職活動は始めるタイミングによってメリット・デメリットがあるので解説していきます。

退職してから職を探すと1番の負担は「お金」になります。退職後では職が見つかるまでの生活費、所得税、住民税が必要になるでしょう。時間に余裕がある点ではじっくりと転職先を探せるので良い企業に出会う確率が高くなります。

在職中の場合は面接に時間がとりづらく複数社の対応が難しくなります。生活に不安がない分、満足いくまで探せますが長期化しますが、在職中に見つける方が安心です。

下記にメリット・デメリットをまとめているので参考にして時期を決めましょう。

  退社後 在籍中

 

メリット

  1. 自由な時間が増えて転職に有利な資格取得が可能になる
  2. 複数社の面接に対応できる
  3. リフレッシュできる
  4. 企業の情報収集や対策ができる
  1. 不採用でも失業の恐れがない
  2. 時間をかけて自分に合った職を探せる
  3. 転職に伴う手続きが不要
  4. 収入が途絶えない

 

デメリット

  1. 長期の就活は生活が苦しくなる
  2. 焦りがでて希望職につけない
  3. 生活リズムが狂う
  4. 失業状態が続くと精神的に辛くなり、妥協してしまう
  1. 企業を調べる時間がない
  2. 転職情報に対して行動が鈍くなる
  3. 気持ちの切り替えが難しい
  4. 資格などを身につける時間がなく同業種になる
  5. すぐに出社できない分、選考に落ちやすい

転職活動を始める時期

退職に向けて転職活動を決めるポイントについて解説していきます。

スポンサーリンク

貯蓄に余裕があるか

退社して、すぐに仕事が見つかれば問題ありませんが、自己都合で退職した場合は失業保険の需給は早くとも90日です。失業保険は誰でも貰えるわけではありません。雇用保険に加入して1年未満の人は受給資格ないので十分な貯蓄が必要になります。

採用が活発な時期

中途採用が増える時期は1月~3月、7月~9月となっています。経営の見直しをはかる時期で人員の補充も兼ねています。募集が多い時期の方が選択の幅が広がります。

閑散期の時期

繁忙期に退職することは、他の人に負担をかけるので円満退職ではありません。繁忙期は避けて閑散期に退職するのが人として当然のことです。

退職日当日

退職日当日は早めに出社し、デスクやロッカーを清掃します。会社から貸し出しされている物は担当部署に返却、又はデスクの引き出しに収納しましょう。返却を忘れるとトラブルの原因にもなりかねないので十分にチェックしてましょう。

会社に返却すべきもの

健康保険証、身分証明書、社員証、制服、名刺、鍵など会社の経費で支給された物品は返却対象になります。

会社から受け取る物

雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収票、離職票(郵送)の4点が会社から受け取る物になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です