関連コンテンツを設置する方法-wordPress

ABOUTこの記事をかいた人

イクミヤ

1987年2月生まれ。大阪在住。 このブログは2017年5月から雑記ブログを運営、おもしろい、役立つ記事をポリシーに書いています。フォローして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

どうも!イクミヤです!

サイト運営の収益化を図る方法の1つとしてGoogleアドセンスは有効な手段です。Googleアドセンスはユーザーの検索履歴、コンテンツに合った広告が配信されクリック報酬型の広告です。さらに条件を満たせば関連コンテンツユニットが使えます。

今回は関連コンテンツの設置方法を解説していきます。

アドセンスの関連コンテンツとは?

関連コンテンツはアドセンス広告の種類の1つで、文字通り関連記事内に違和感なく溶け込ませて表示する広告です。ユーザーにとって関連性が高い記事が自動で表示されるのでページビュー数、滞在時間の増加、アドセンス広告の収益の増加が見込めます。

具体的に言うと平均でページビュー数が 9%、滞在時間が 10% 向上する優れた広告です。

関連コンテンツの利用条件とは?

Googleアドセンスの公式サイトに以下の説明が記載されています。

関連コンテンツを利用できるのは特定のサイト運営者様だけです。ご利用いただくには、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。関連コンテンツによってユーザーに優れたエクスペリエンスを提供していただくために、この要件を設定しています。関連コンテンツ ユニットを作成できるかどうかは、AdSense アカウントの [広告の設定] ページでご確認いただけます。

引用元:https://support.google.com/adsense/answer/6111336?hl=ja

具体的な条件は記載されていませんが関連コンテンツを利用するにはページビュー数、サイトのコンテンツ量にある程度のボリュームが必要となります。

2017年から関連コンテンツの審査が緩和されている可能性が高いので、コンテンツを増やすことで利用できるでしょう。PV数は安定する必要があるので、一時的にバズっても開放されないでしょう。

関連コンテンツの作成

Googleアドセンスにログインして「広告の設定」⇒「新しい広告ユニット」をクリックします。

関連コンテンツを選択します。

広告ユニット名

広告ユニット名は管理しやすい名前を付けましょう。

サイト名、広告ユニットの位置、広告の種類を付けると管理がしやすいので適当に決めるのは、おすすめできません。

広告オプション

関連コンテンツ広告を作成するに至って非常に重要な設定になります。この設定は収益化のON,OFFを決める設定なので収益化する方は必ずONにしましょう。下記画像が収益化に設定した状態です。

設定方法は簡単でワンクリックで完了します。

スタイル

広告のスタイルを変更する設定です。

スポンサーリンク

サイトのデザインに合わせて設定するのがコツです。

サイズ

サイズはレスポンシブを選択します。レスポンシブはサイトごとに最適化されるの推薦。

アドセンスコードの取得

関連コンテンツの設定が完了したら下にある「保存してコードを取得」をクリックして広告作成は終わりです。アドセンスの管理画面にある「広告の設定」⇒「広告ユニット」を選択して作成した広告が表示されるので「コードを取得」をクリックするとアドセンスコードが表示されます。

 

 

関連コンテンツの設置方法

最近のwordPressテーマはアドセンス広告に対応しているのでウィジェットに埋め込む方法やwordPressならテキスト入力でコードを貼り付ければ広告を表示できますが、今回はsingle.phpに埋め込む方法を解説します。

wordPressのメニューにから「テーマ編集」⇒「single.php」を開き表示させたい箇所にアドセンスコードを貼り付ければ関連コンテンツが表示されます。

スポンサーリンク


RECOMMENDこちらの記事も人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です