欅坂46のセンター平手友梨奈<てち>が笑顔を見せなくなった理由とは?

ABOUTこの記事をかいた人

イクミヤ

1987年2月生まれ。大阪在住。 このブログは2017年5月から雑記ブログを運営、おもしろい、役立つ記事をポリシーに書いています。フォローして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

人気爆発中の欅坂46の”てち”こと平手友梨奈は最近、笑顔を見せることがありません。ファンなら気付いているかと思います。

欅坂46の中でも独特な雰囲気を持つ彼女が「いつから笑わなくなった」のか検証していきたいと思います。

まずは昔の平手友梨奈はどうだったのか見ていきましょう!!

前までは平手友梨奈(てち)は笑っていた!?

画像を見て欲しい。

image

image

この通り、少し前までのてちは笑顔満点でした。

いったい何が起こったのでしょうか?

平手友梨奈(てち)が笑わなくなったのいつ?

ツイッターでも噂されたのが2017年1月13日に放送されたZIP!ぐらいから笑顔が見られなくなりました。ZIP!で放送された内容は「欅坂46 なぜ笑わない?こうして封印された」と題され欅坂46が笑わない理由が紹介されています。

番組の中盤に「笑わないパフォーマンス」についてインタビューを受けています。この時には一言も発しておらず、一人だけうつむきがちでした。

ZIP!動画

この放送後にファンからは元気がないという声が上がり始めたので時期的には、この頃だと推測されます。

平手友梨奈(てち)が笑わなくなった理由!?

2017年、日本有線大賞の時には一切の笑みを浮かべることなく紅白では過呼吸を起こしてしまい、ネットでは不安や批判の声が止まりません。

原因とされる理由は何なのでしょうか?

学業と仕事の両立が難しくなった!?

平手友梨奈はメンバーの中でも大人っぽく見えますが、欅坂46では最年少の16歳です。最年少でセンターに抜擢されて人気も高く忙しい状態が続き仕事と学業との両立が難しくなったのでは!?と噂されています。

スポンサーリンク

たしかに平手友梨奈が笑わなくなった時期は2017年1月からで2017年4月には少し復活しています。この時期を考えると仕事と受験で悩んでいた可能性がとても高いのです。

センターのプレッシャーとすれ違い

欅坂46が結成されてからセンターは平手友梨奈で他のメンバーよりも多忙で、センターの重圧は平手友梨奈しか知らないといこと。肉体的にも精神的にもピークな本人とは必然的にメンバーとすれ違いがおきます。

乃木坂46の生駒里奈は5作連続センターを務め6作目でセンターを外れた時には解放感で喜んでいました。

センターの負担がすごいと感じる瞬間でした。

運営に演じさせられている!?

欅坂46はZIP!で放送された通り、笑わないパフォーマンスはメンバーで決めたそうです。それはパフォーマンスの話でトークの時は笑顔で話しています。

元々、カリスマ的な雰囲気があった平手友梨奈は人気が爆発してから突如として笑わなくなりました。センターなのにトーク時には端にいる時が多くテレビにすら映らないことがあるので、笑わない設定にされているかもしれません。

2017年紅白では生気が感じられない表情でしたが紅白の舞台裏では明るく笑っています。

紅白の舞台裏で笑う平手友梨奈1

紅白の舞台裏で笑う平手友梨奈2

まとめ

平手友梨奈が笑わない理由はテレビを見ればわかるように働き過ぎかもしれません。

明らかに働き過ぎの印象が強く、16歳の子には少し過酷なのかなと思います。

運営の指示説にしてもトークで笑ってパフォーマンスで笑わないギャップが良かったので笑って欲しいものです。

スポンサーリンク


RECOMMENDこちらの記事も人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です