SEO対策-おすすめのWordPressプラグイン7選

ABOUTこの記事をかいた人

イクミヤ

1987年2月生まれ。大阪在住。
このブログは2017年5月から運営、主にワードプレスやSEOについて書いています。フォローして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

どうも!イクミヤです!

ワードプレスでサイトを運営していれば誰しもが耳にする「SEO」ですが、ほとんどの方はプラグインを入れたら「SEO対策している」と思われがちですが、基本的なSEO対策を行っていないと効果はありません。

今回はワードプレスのプラグインを紹介しますが、その前に大まかにSEO対策についてお伝えします。

そもそもSEO対策ってなに?

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジンの最適化」を意味しています。

あなたがサイトを更新した時にGoogleやYahoo!といった検索エンジンに対して上位表示させる対策のことをSEOと言います。

SEO対策で検索上位にするには

検索上位に表示されるとアクセスの増加が見込めますので非常に重要とされています。

SEOのルールは企業が独自のルールで決めていて、ご存知の通り「良質なコンテンツ」が第一条件となります。

しかし、この独自ルールは改変が行われ完全非公開となっているので正解がないのがSEO対策になります。なぜルールの改変が行われる理由は上位固定を防ぐために必要とされて改変が行われています。

そのためSEO対策には正解がありません。

被リンクはSEOに有効と謳われていましたが、それはひと昔前の話で最近では内部SEO対策の方が効果的です。これまで軽視されてきた内部SEOこそ重点を置くべき対策

被リンクは人為的に増やす事も可能でサイトの質=被リンク数という簡単な評価設定ではありません。

アクセスアップ系の記事にも書かれていますが「ユーザーにとって有益な情報」である必要があり、内部SEOの本質となります。自サイトの情報が独自のものかつ有益な情報が検索エンジンで上位表示される条件です。

内部リンク

内部リンクとは自サイトのリンクを自サイトに貼り付けることです。内部リンクが多ければ多い程、貼り付けた記事の評価は上がり検索上位になりやすくなります。

Googleは自然なリンクに対して評価するので貼り過ぎや関連していないリンクは逆に評価を下げます

アンカーテキスト

アンカーテキストとはリンクされているテキストの部分です。

アンカーテキストと貼り付けたリンク内容が一致していないと評価が下がります。

見出しタグの重要性

見出しタグは検索エンジンにコンテンツを伝える為にとても重要です。正しく構成を伝えればSEOに効果的とされています。検索エンジンに留まらずユーザビリティも向上します。

  • h1タグ 大見出し
  • h2タグ 中見出し
  • h3タグ 小見出し
  • h4タグ 小見出し
  • h5タグ 小見出し 
  • h6タグ 小見出し

数字が小さい程、検索エンジンに対して重要な箇所であることを伝えれます。しかし、検索エンジンにアピールしたいからとh1タグを複数使うのは逆効果になります。

h1タグの使用は1度だけです。h2タグ~h6タグは複数使っても問題ありません。

正しい使い方は階層になっています。

下記の例のように階層になっていないダメな使用例です。

サイトスピードを速く

ウェブサイトの高速化はGoogleの評価基準に含まれており高速化は必須となります。

評価以外にもユーザーエクスペリエンスにも悪影響です。

サイトスピードの高速化でアクセスアップ

2017.08.11
1秒遅くなるだけで、ページビューが11%下がる、カスタマー満足度が16%下がる、コンバージョン率が7%下がるという結果が出ています。

サイトマップの設置

クローラーにサイト構成を伝える役割があるので設置は必須です。

こちらの記事がおすすめです。

ワードプレスで簡単にサイトマップを作成できる必須のプラグイン-SEO対策と解説

2017.10.04

SSL化

SSL化とはサイト全体を暗号化通信する仕組みです。

  • サーバー間通信の暗号化のため
  • ドメインが実在することを第三者が証明するため
  • ドメインを取得している企業が実在することを証明するため(購入するSSL証明書の認証レベルによっては)

SSL化されたサイトはURLに「保護された通信」と表示されます。

Googleがランキングシグナルに使用すると発表していてSEO対策にも効果が多少ありますが、期待するほどSEO効果はありません。

スポンサーリンク

All in one SEO pack

基本的なSEO設定が行えるプラグインです。SEOのメタ設定・ソシャールメディアに役立つOGP設定・クローラーの巡回を促すサイトマップの作成ができます。

スポンサーリンク

All in one SEOpack

Yoast SEO

基本的な設定項目はAll in one SEO packに比べて多機能で初心者向きです。設定は多いですがパンくずリスト・投稿の分析ができるなどAll in one SEO packを拡張した機能があるのがYoast SEOです。

YOAST SEO

Google Sitemap Generator

XMLサイトマップを作成してクローラーにサイト構成を伝えるプラグインです。自動更新ですので設定すれば自動的に更新してくれます。

PubSubHubbub

Googleのマットカッツ氏も推薦しているプラグインです。

ワードプレス初期ではインデックスに時間がかかりますが、このプラグインは設定不要で有効化するだけでインデックススピードが向上します。

modeet
PubSubHubbubは必ずインストールしましょう

PuSHPress

インデックススピードを劇的に早くするプラグインです。PubSubHubbubと合わせて使うと効果的になります。

Broken Link Checker

リンク切れを通知してくれるプラグインです。

リンク切れはSEOによくありません。ユーザーの利便性にもかけるので必ずインストールしましょう。

SEO Friendly Images

このプラグインは画像にタグを挿入することが可能で画像検索からのアクセスが期待できます。ただの画像と処理されるのではなく、キーワード検索に引っかかる画像を作成できます。

画像を多く使用しているサイトにおすすめです。

まとめ

SEOプラグインは数多くありますが、それでけではSEO対策にならないのは伝わりましたでしょうか?一番大事なのはコンテンツに注力を注ぐことが重要です。記事構成、タグの使い方など基本的な構成から気を付ければ、自ずとSEO効果は表れます。

明日、明後日に効果が出るというものではないので長期運用を考えている方におすすめの方法です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です