仕事が遅い人の特徴-対策の秘訣は相手を変えるよりも自分が変わった方が早い

ABOUTこの記事をかいた人

イクミヤ

1987年2月生まれ。大阪在住。 このブログは2017年5月から雑記ブログを運営、おもしろい、役立つ記事をポリシーに書いています。フォローして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

どうも、イクミヤです!

あなたの周りでは仕事が遅い人はいますか?

「同じ仕事量なのに終わらない」「同僚の仕事が遅くてイライラする」

そんな人と仕事をしているとイライラしてストレスが溜まります。

仕事の精度が高くても遅すぎるのは考え物です。

なので、今回は仕事が遅い人の特徴と対策を紹介していきます。

どの会社にも絶対いる仕事が遅い人の特徴

仕事に対して悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

その中でも、仕事が遅いのは日常業務に支障をきたして周囲にストレスを与える存在となっています。

なぜ、仕事が遅いのでしょうか?

仕事を後回しにして遅くなる

仕事をしていると優先順位が低い仕事、優先順位が高い仕事があります。

問題なくこなせる人なら、「すぐに終わる仕事」と「後回ししてもいい仕事」を判別して段取りを組みますが、仕事が遅い人の特徴として”すぐにできること”も後回しにしてしまいます。

結果として、仕事に追われて遅くなっています。

原因として仕事の全体像を掴めていなくて、何を優先すべきなのかを理解していません。

一日のプランニングができていないために、何となく仕事をして先々の見通しが立てられない。

仕事がマイペースすぎる

マイペースな人は、ある意味堂々としていて周りがバタバタしていても動じることがありません。

あくまでも自分のペースを貫きます。

いつまでに終わらそうという概念がなく、周囲にストレスを与える存在。

自分のポリシーを貫くため、仕事のスピードを指摘されても自分の考えに合致していないと改善することはありません。

根本的に性格の問題となるので、いくら周囲から反感を買っても変わることはないでしょう。

なにかとバタバタしていてる

バタバタと忙しそうにしている割に仕事が進んでいない人は、自分のキャパシティ管理ができていないことが多く見受けれます。

仕事を円滑に進めるには自分がこなせる業務をしっかり把握する必要があります。

「これやっといて」と仕事を任せられたとしても、許容範囲を超えると余裕がなくなって非効率になりがちです。

そして、最終的に残った業務をチーム全体で処理しなければいけなくなります。

 時間を意識して仕事ができない

時間は誰にも平等に与えられるもの。

業務上において、この時間を意識していないと無駄に浪費してしまったり得意先に迷惑をかけることになります。

「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」

この言葉の意味するところは、つまり人間は仕事の量に関係なく、与えられた時間は全て使ってしまうということです。

例えば1時間でひとつの仕事を課せられた人は、その仕事を問題なくこなすでしょう。では仮に2時間でひとつの仕事を課せられたらどうなるかというと、やはりその人は2時間全てを使ってひとつの仕事を終らせるわけです。

これは「パーキンソンの法則」と呼ばれるもので、人は与えられた資源は全て使ってしまうという法則です。

出典:http://livelognet.com/work-speed/

この通り、時間は意識していないと有効活用することはできません。

仕事が丁寧すぎる

完璧な仕事を求めるばかりに仕事が遅くなる。

仕事が丁寧なのは良い事ですが、あまりにも遅いと問題です。

携わっている職種にもよりますが、仕事が遅くてミスを起こすと「仕事にかけた時間+軌道修正する時間」がかかります。

真面目さゆえに作業効率を考えるよりも完璧な仕事を求める為に、仕事にかける時間が人よりもかかってしまうのです。

スポンサーリンク

残念なことに周囲には理解されづらく、モタモタしているようにしか見られません。

指示待ち人間で積極性がない

指示されたことしかできない、自発的に仕事ができない。

このように言われたことしかできない人は、重要度が高い仕事よりも人の意見や指示を優先順位が高いと判断してしまうために、急がなければいけない仕事を後回しにしてしまう。

基本的に指示を待ちながら仕事をしているので、進行中の仕事を速く終わらそうという気持ちがありません。

スポンサーリンク

仕事が速い人はゴールまでの作業を計算するのに対して、遅い人は「今やっている仕事が終わればいい」と考えています。

根本的な考えが短絡的で状況を把握することよりも、自分が任された仕事を重んじます。

仕事が遅い人にイライラしない対策

十人十色とわかっていても仕事が遅い人を見るとイライラしてしまう。

仕事が遅い人を見ると攻撃的な対応をしてしまう。

仕方がないことだと思ってもイライラするのは、痛いほどわかります。

僕が働いていた職場にも仕事が遅い人がいたので、その時の対処法をお伝えします。

仕事が遅いのは性格だと割り切る

僕の経験から言うと仕事が遅い人を速くさせようとしても効果はありません。

「もう少し早くして」「何時までに終わらして」といった感じに伝えても、こればっかりは性格の問題です。

仕事が遅い人は遅いなりに仕事を頑張っていますし他人に言われて早くなるのなら、とっくに早くなっているはずです。

忙しい状況をみて早くできる人は言わずにしても早くなるし、バタバタしているのにゆっくりとしている人は何を言っても早くならないのです。

それに遅い人にイライラしていると自分の仕事よりも、相手の仕事が気になって逆に効率が悪くなります。

いっそのこと「この人は早くならない」と割り切って接した方が無駄にエネルギーを消費しません。

「あ~なんかしてるわ」ぐらいの気持ちで見てあげましょう。

仕事が遅い人の進捗状況を確認する

「これお願いね」と仕事を任せて、もう終わったころだろうと確認しに行くと終わっていない。

その光景を見て苛立ちを感じる人は多いのではないでしょうか?

それもそのはずです。

次の仕事の段取りが狂って円滑に進みませんし、期待を裏切られた気持ちになります。

その対策として、進捗状況を確認することです。

時折、チェックすることであなた自身が現状を把握できるのでストレスを軽減できて、その人の仕事スピードも理解できます。

仕事の優先順位を理解してもらう

仕事が遅い人の特徴として、真面目な人が多いとお話しましたが真面目さがゆえに一つの仕事に固執しやすいことがあります。

例え、優先度が高い仕事がきても今やっている仕事を止めることができずに、クレームに繋がったりします。

このようなことが、頻繁に起きているのなら仕事の優先度を伝えなければいけません。

仕事を指示する前に優先順位を伝えてあげ方がいいでしょう。

そうすることで、優先度の高い仕事が片付いて時間にも余裕がうまれます。

上司に異動を相談する

これは最終手段ですが、どうにもならない時(業務に支障をきたすレベル)は仕事が遅い人を異動させることです。

先ほども説明した通り「早くしろ」と言ったところで早くなりません。

それなら、異動したほうが業務が円滑化されてストレスが溜まらないでしょう。

それに仕事が遅い人にとって、現在いる部署は適材適所でないかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です