<就活>不安・怖いを解決する4つのアドバイス

スポンサーリンク

就職活動において、何が正解かわからず不安になる方は大勢います。就職が決まらないとモチベーションは下がる一方、不安で押し潰されそうになります。友人や知り合いの就職が決まっていく中、自分だけ決まっていないなら、なおさら不安です。

筆者も就活中は不安で何度も泣きそうになりました。今となっては、いい思い出話ですが、人生のターニングポイントの1つになるので是非とも乗り越えて頂きたいです。

就職活動中に感じる不安や怖いという気持ち解消していきましょう。

就活は不安になって当然

まず始めに就職活動で不安になるのは、あなただけではありません。就職活動を行う6割~7割の人が不安と感じています。「内定が貰えなかったら」「面接を通過できるか」「志望企業に内定をもらえるか」言い出したらキリがない程、不安要素があります。

自信満々で面接に挑むタイプでも少なからず不安を抱えているものです。

なぜ不安や怖いと思うのか原因を紐解いていきましょう。

内定をもらえるか不安

友人たちが内定をもらっていく中で焦る気持ちはわかります。

しかし、ここで重要なのは就職を決めることではありません。自分の将来設計を描ける会社かどうかということです。春に決まろうと夏まで持ち越そうと入社後に影響はありませんし、企業は新卒だから優遇することはありません。

時には妥協も必要になりますが、就活はあなたの理想を持って納得できる企業ということが重要です。

自分は決まらないのに友人の内定が決まっていく

周りの内定が決まると焦る気持ちはわかります。少し落ち着いて、焦るのではなく友人と情報を共有することが内定の近道です。

面接の対応や質問に対する答えなど生の対策を聞けるからです。

就活は一人の戦いとなりますが、情報を共有すると断然有利になります。その情報があなたの強味となるでしょう。

志望企業に内定をもらえるか

これを言っては身も蓋もありませんが、お金を得るために会社の手となり足となるわけだから仕事はどこの会社に就職しても楽ではありません。仕事を始めることがスタート地点であって決してゴールではない。

志望企業に入社しても、思っていた業務と違ったり理想と現実はかけ離れていたりします。大企業だから志望するのか仕事内容が志望動機なのか自分の中でハッキリさせて視野を広げて見るのも一つの手段です。

面接を通過できるか

就職の面接はアルバイトの面接とは違って想定外の質問に答えられなくてパニックになったり、緊張したりイメージと違う結果になることも多いのが、不安・怖いと思う原因です。

スポンサーリンク

誰でも慣れてないうちは緊張します。これこそ経験がものを言うので、何度か面接を受けていれば次第に緊張も和らぎます。

筆記試験に合格できるか

筆記試験や適応検査は職種によって重要度は変わる場合がありますが、SPIに至っては点数が極端に悪かったり性格テストで矛盾がでていない限り、落とす会社は少ないでしょう。

就職活動に必要な筆記試験などは、大学受験のような、膨大な知識が必要であったり、難解な問題を解けるかということではなく、効率よく与えられた課題をこなせるかを見るような試験内容ですので、その試験形式に慣れているかどうかということが重要だと考えられます。

最近ではSPIを取り入れる企業が増えているので、1ヵ月前には参考書で準備しておけば十分対応できるでしょう。

転職エージェントは既卒者専門を利用する

就職が決まらず、転職エージェントの利用を検討している方もいると思います。

しかしながら、リクルートエージェントやDODAなどは中途採用、実務経験ありの人を対象にしたサービスとなるので、オススメできません。

そこでお勧めするのが【ウズキャリ第二新卒】や『いい就職.com』など既卒者に対応した転職エージェントがあります。

内定率は80%、離職率が高い企業は紹介から外すシステムがあり安心して就職活動を行えるでしょう。また、プロのサポートを受けれるので不安な面接、履歴書、身だしなみなどの指導があるので安心して就活に挑めるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です