仕事を辞めたい-自己分析が必要な6つの理由

ABOUTこの記事をかいた人

イクミヤ

1987年2月生まれ。大阪在住。 このブログは2017年5月から雑記ブログを運営、おもしろい、役立つ記事をポリシーに書いています。フォローして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

あなたは「なぜ、転職したいのですか?」と聞かれたら何と答えますか?

転職の理由は人それぞれで100人聞けば答えは100通りあるのは当たり前です。収入が少ない、拘束時間が長い、将来性がないなどが挙げれますが、こんな理由では転職を成功するはずがありません。

転職するか迷っている、転職に成功したいなら「転職理由の明確」が必要で、本当に転職するべきか解説していきます。

転職を考える前に

現状をどうとらえているのか?

キャリア、収入、やりがい、人間関係など現状を変えることに生じる結果を背負えるのか?その覚悟があるのか?を考える必要があります。

転職をしてやりたいこと、得たいものはなにか

あなたが転職したいと考える理由を明確にしていきましょう。

転職理由を明確に

転職を考えたなら、1度冷静になって現在の会社はどうしてもダメなのか、転職の目的を考えましょう。希望通りに転職できても数年もすると「仕事がおもしろくない」「こんな会社だと思わなかった」など誰でも不満が出てきます。

そこで「転職しよう」と考えるのは少し早い、その悩みは転職すれば解決するのか、今の現状を解決できるのかを考えましょう。

現実は簡単に転職はできない

アメリカでは転職を繰り返しスキルアップや収入アップのために転職するビジネスマンが多く常識となっています。日本でもスキルアップのために転職をする人が増加していますが、日本の採用制度では思った会社に行くのは難しいでしょう。転職回数が多い程「続かいない人」というレッテルが貼られるからです。

不満が理由で辞めてしまうと「この人は不満が溜まりやすい」と判断されるので、転職には入念な準備が必要になるでしょう。

転職の目的

会社の不満ばかり溜めて転職を決意しても何の目標もありません。転職するには自分のやりたいことを見つけて、それができる会社に挑みスキルアップしていくことが、明確な目的をもった人です。

自分が仕事に向かないと思っても「仕事をマスターしてから見極める」という現状確認作業が自分がやりたい転職になります。

もっとスキルアップしたいという理由で、より高度な技術をもつ会社に転職するという人もいます。このように目的意識がはっきりしている人は企業も採用しやすいのです。

転職で何がしたいのか?

転職で重要なのは現状の認識と認識の変革への意欲です。この意味は「あなたは転職で何がしたい?」という意味です。面接で採用担当者とって、あなたが退職した理由ははっきり言って興味もないことです。

スポンサーリンク

採用担当者が欲しい答えは「仕事に対する意欲」「具体的な業務」という変革への意欲です。

転職希望者の大半は明確なアイデンティティーをもっておらず、自分は何がしたいのか理解していません。正しい方向に進む転職は「自分がやりたいこと」です。

「料理をつくりたい」「お金を動かしたい」「技術を向上したい」など、とにかく自分がやりたいことを掲げることが大切です。

転職が成功か失敗は自分の価値観で決まることで自分のやりたいことと合致して転職が成功したと言えます。

自分がやりたい仕事がわからない

転職を成功するなら「自分を知ること」です。今の仕事を辞めたいが自分に合う仕事がわからない人は自己分析をする必要があります。そういう人は急いで転職する必要はありません。むしろ急いで転職すると失敗になるでしょう。

自分の得意分野、不得意分野、を棚卸していく作業をしていきます。1度、紙に書き出してみて次は成功したもの失敗したものに分けていきます。

すると自分の得意分野でやりたいことがわかります。

まとめ

転職で成功するか失敗するかは自分の価値観によって変わります。成功したという人の大半は目的意識が高く、やりたい職種についている人が多いです。

仕事を辞めたいと思っても、すぐに辞めずに自己分析をしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です