日本対ベルギーを担当するのはセネガル人審判団に決定!海外メディアも仰天

スポンサーリンク

FIFAは6月30日に日本対ベルギーを担当する審判団を発表しました。

なんと、決勝をかけた試合で因縁があるセネガル人トリオが担当することになったのです。

これには、海外メディアからは驚きの声が上がっています。

なぜなら、グループリーグ第2節終了時点で勝ち点4、得失点差+1、総得点4で並び、直接対決の成績も2-2。

しかし、フェアプレーポイントで優位になっていた日本は、セネガルがコロンビアに0-1との情報を得るとボール回しをしてポーランド戦を終え決勝に進出したからです。

セネガルはイエローカード2枚の差で決勝に進出できませんでした。

そうした因縁のあるセネガル人審判団を起用したことは審判自身にもプレッシャーとなります。日本に不利な判定した場合、議論の的になる可能性もあります。

ビデオ判定のVAR導入の目的

今回のワールドカップで導入されたVARはサポーターにとっても正確な判定が行えて信頼があるものとされています。

しかし、VAR導入を決定したIFABのテクニカルダイレクターを務めるエルレイ氏はこう指摘しています。

明治安田生命JリーグやJ1昇格プレーオフの試合映像を交えながら、VARが導入されていたら判定結果が変わっていた点を指摘。あくまでも「ゲームの事象を左右するもののみに使用する。VARのシステムは明らかに間違っているものを正すもの」と語り、導入の目的は「すべての100%の判定の精度をあげるためではない」と断言した。さらに「すべての誤審がVARによってなくなる可能性はない」とし、あくまでも「最終的な判定を下すのはVARではなく主審である。主審が判定できる手助けとしてVARがある」と最新テクノロジーの存在意義について語っていた。

主審(審判)の重要性

今回のように因縁のあるセネガル人審判団では日本に不利な判定が下りる可能性があります。

ポルトガル代表vsモロッコ代表でも偏った判定を下され選手が激昂するということが起きました。

スポンサーリンク

この試合ではポルトガル選手は比較的ファウルを貰う一方、モロッコの選手へのファウルは流されるなど、偏った判定が続きました。

モロッコ陣営も抗議するシーンが目立ち、FWノルディン・アムラバトはガイガー主審の判定が公平ではなかったと非難しています。

「僕は彼(ガイガー主審)が普段どんな感じなのかはよく知らない。だけど、彼はクリスティアーノ・ロナウドに対してとても感銘を覚えているような感じだった」

「それにペペから聞いたんだけど、彼(ガイガー主審)は前半終了時にペペに対してユニフォームをもらえないかと頼んでいたようだ」

「僕たちは何のことについて話しているんだ? ワールドカップ? ここはサーカスじゃないんだ」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です